二重整形でパッチリ二重まぶたに大変身!二重まぶたのことなら【二重整形の窓口】で全て解決!

女性であれば誰もが思うこと「もっと綺麗になりたい!」という願望が、簡単に叶う時代になってきました。

数年前からブームになりつつあったプチ整形ですが、ここへきて爆発的な人気になっていることをご存知ですか?

プチ整形のイメージは「安い」「早い」「安全」と言われていますが、ほんの少しでも気になった箇所を、簡単にあなたの思い通りに変形できる手軽さがヒットの理由です。

この【二重整形の窓口】は、プチ整形における全ての情報、またプチ整形によって考えられるリスク面などを紹介しているサイトになります。

プチ整形を考えている方は、是非とも【二重整形の窓口】を有効活用して、ご自分で理解を深めてから綺麗になってください。

二重整形とは?

二重整形とは?

プチ整形と整形手術の違い

まず整形手術と聞いてどのようなイメージを持ちますか?痛い、料金が高い、入院はあるのか?失敗したらどうしよう…ということを考えてしまいますよね。

しかしプチ整形は整形手術と違って、メスを使用せずに部分箇所を整えていく処置となっており、決して大掛かりなことではないのが特徴と言えます。

「あの女優は整形をしている!」などの噂がよくネット上を騒がせますが、プチ整形であればむしろタレントの方からカミングアウトするような時代となりました。

芸能人は整形手術の事実は隠したがりますが、プチ整形はむしろアピール材料であると考えられており、恥ずかしいことでは無いという認識が広まりつつあるのです。

プチ整形に掛かる料金も非常にリーズナブルになってきました。一昔前の整形手術と比べると、桁が一つ違うほど安くなっているのです。

また、処置後の入院などもありません。整形手術であれば入院、しばらくは包帯、という痛々しいイメージですが、プチ整形は当日に日帰りは当たり前で、その日から普通に過ごすことが可能です。

医療技術の発達、使用する製品や器具の開発などが急速に進んで、このようにプチ整形が安く簡単に行われることが普通になってきたのです。

年齢的には10代、20代前半女性を中心に、30代や40代女性まで幅広い年齢層に支持されており、女性達の美において駆け込み寺的存在となりつつあります。

プチ整形では、どのパーツのどういった治療が行われるのか?

いくらプチ整形が優れていても限度があるでしょ?と思われる方はたくさんいらっしゃいます。それではここで各部分の治療方法を紹介していきます。

【目】
・二重まぶたにしたい  埋没法
・目のクマを無くしたい  下眼瞼CO2脱脂術

【鼻】
・鼻を高くしたい  ヒアルロン酸注射

【口】
・唇を厚くしたい  ヒアルロン酸注射
・口角を上げたい  ヒアルロン酸注射

【顎】
・輪郭を整えたい  ヒアルロン酸注射
・小顔にしたい   ボトックス注射

【頬】
・脂肪を落としたい メソテラピー(脂肪溶解注射) ボトックス注射

【若返り】
・ほうれい線を無くしたい ヒアルロン酸注射
・シワ取り(各所)  ヒアルロン酸注射 ボトックス注射 線維芽細胞注入

これが全てではありませんが、クリニックに訪れる女性の多くがこれらの処置を望んでいます。中でも圧倒的に件数が多いのが「二重まぶた」の処置と言われています。

二重整形「埋没法」とは?

二重整形「埋没法」とは?

男性であれば男らしい一重まぶたを推す声もありますが、女性は男性とは違います。誰もがパッチリ二重になることに憧れを持っています。

「第一印象は目で決まる」とよく言われていますが、一重まぶたはお世辞にも目付きが良いものとは言えません。また暗い印象を相手に与えますし、男性もほとんどが二重まぶたの女性を好むものです。

そして二重まぶたにするほとんどの方が埋没法を選択してその処置を行っています。メスは使用せず、医療用の針と糸によっての簡単な施術法です。

埋没法で使用する糸は、髪の毛よりも細いものを使用しますので、誰からも気付かれず、また本人でさえも違和感なく過ごせるようです。

しかし中には例外もあるようなので、問題点にもクローズアップして二重整形における埋没法を考えていきましょう。

埋没法施術工程

埋没法とは、まぶたの下の皮膚に髪の毛より細い特殊な糸を埋没させて二重まぶたを形成する方法です。施術時間が短く、入院や通院の必要もなく日帰り可能な手軽さなど若い世代から広く支持されています。

まぶたの筋肉と皮膚を糸で繋ぐことにより、目を開ける際にその部分がくぼむことで二重のラインが形成されます。

埋没法は糸の通し方によりまぶた板に糸を通す「瞼板法」、眼瞼に糸を通す「挙筋法」、留める箇所数により「1点留め法(クイック法)」「2点留め法」「3点留め法」などがあります。

元々の目の形や皮膚のたるみ、また希望する二重の形や幅によってどの方法で施術するか、医師と相談して事前に決めていくのです。

更には皮膚の状態やまぶたの内側の脂肪量により上眼瞼脱脂(上まぶたの脱脂)を同時に行うケースも稀にあります。 「二重まぶたにしてみたいけど、大げさなことはしたくない」「自然な仕上がりの二重にしたい」という方に人気のある治療となっています。

埋没法メリット

埋没法の最大のメリットはその手軽さです。そして腫れぼったい一重から一新して、くっきりパッチリの二重に仕上がるということに尽きます。

なにより治療時間が15~20分程度の短時間で終わり、抜糸をしない為に入院や通院の必要もなく日帰りで施術を受けることができます。

また、切開法などに比べ術後の腫れが少なくダウンタイムも短い為、周囲に気付かれにくく、また傷痕も小さい為、2~6ヶ月ほどでほとんど目立たなくなります。

他の美容手術の中でもリーズナブルな方で、両目を合わせても10万円以下で可能というクリニックが多く存在します。

「整形手術」と聞けば数百万円!?ということも思い浮かべがちですが、二重まぶた整形に限っては、比較的安価で処置ができるということです。

尚、万が一、二重の幅や形が気に入らない場合はやり直しをすることもできます。これは担当医などに施術前にしっかりと確認しておきましょう。

埋没法デメリット

最大のデメリットは二重まぶたである維持期間です。クリニック、ドクターによりけり、というのも考えられますが、将来的に二重が消失してしまう可能性は低くありません。

特に、多くのクリニックが低料金で行っている1点留め(クイック法)などは、5年後には50%以上の方が一重に戻ってしまうと言われています。そういった理由の為、二重まぶたを維持するために、何度も治療を繰り返している方も少なくありません。

たとえ二重まぶたを数年間維持できたとしても、重力によって二重の幅がだんだん狭くなってきたり、埋没させた糸が皮膚の下に透けて見えてしまうこともあります。

また、まれにまぶたの内側から糸が出てきてしまうことがあり、目にゴロゴロとした違和感が出てしまったり、眼球を傷付けてしまったりする場合もあります。

髪の毛より細い糸ですが、まつ毛も目の中に入れば痛いもの。目は非常にデリケートな部分ですので、充分に注意をする必要があります。

埋没法まとめ

埋没法治療の痛みに関して詳しく触れていませんでしたが、麻酔による局所注射による痛みが一度あるだけで、その他の痛みは無いと言っていいでしょう。

一重から二重になるという埋没法はポジティブな施術ですので、施術前から良いイメージを膨らませて臨む女性の方は痛みなど気にならないようです。

ただ普通に考えても、クリニック及びドクターにより個人差はありますが、我慢するほどの痛みレベルはありません。これであれば安心ですね。

施術後のまぶた、目元、目の周りの腫れは長い方で2~3日、早い方であれば当日、もっと言うと全く腫れることなく普通に過ごすことができる方もいらっしゃるようです。

もちろん当日のメイク、入浴などは問題ありません。腫れがひどい方はクリニックから処方される鎮痛薬などで対応した方がいいですね。

さて、それでは最後に埋没法による二重整形の特長をまとめてみましたのでご確認ください。

・15分~20程度の短時間で施術可能
・ダウンタイムが短い
・まぶた裏側の施術なので表から目立たない
・抜糸すれば元通りにもなる
・まぶたが腫れにくい
・日帰りが可能
・逆さまつげが治る*

*逆さまつげが治るというのは、直接的な医療的根拠はありませんが、二重整形をされた方からの意見で多く賛同を得られました。これに関しては人それぞれなのかもしれません。

二重整形「切開法」とは?

二重整形「切開法」とは?

二重ライン全てを切開「全切開法」

二重にする方法は埋没法だけではありません。確かに女性の大半以上が埋没法を取り入れて二重にするケースが多いですが、切開法も確実かつ理想的であると評価されています。

切開法は埋没法と全く異なり、まぶたを切って二重を作っていく方法です。まぶたの皮膚や脂肪が厚い方は、余分を取り除いて二重ラインを作っていくのに適していると言われています。

若い方だけではなく、加齢と共にまぶたのたるみが目立つ方にも、お勧めの情報として切開法が効率的だとも言われています。

尚、切開法も「全切開法」「ミニ切開法」と種類がありますので、ここではまず「全切開法」の説明をしていきましょう。

全切開法は、希望する二重のラインをすべて切開する方法です。切開するスペースが大きい分、部分切開よりも手術時間やダウンタイムが長く、傷跡も大きくなります。
しかし、しっかりと余分な皮膚や脂肪を取り除くことができるので、目元の腫れぼったさが解消できます。
全切開法では、強い腫れが1週間~2週間ほど続きます。約1ヶ月で仕上がりに近い状態になりますが、ラインが綺麗に馴染んでくるまで3ヶ月前後掛かります。

希望の二重ラインに沿ってまぶたの皮膚と眼輪筋を切除し、必要に応じて余分な皮膚や脂肪も取り除き、縫合に入ります。縫合した部分が二重ラインとなっていくのです。

部分箇所切開「ミニ切開法」

こちらは全切開と異なって、一部箇所のみの切開となる手段です。呼び方はクリニックによって様々ですが「ミニ切開法」「部分切開法」「小切開法」などの呼び方があります。

ミニ切開法は色々な呼び方があり、埋没法と全切開の中間くらいの施術というイメージです。全切開ほど二重のデザインの幅は広くありませんが、切開部が小さいので傷跡が小さくて済むというメリットがあります。

技術力の高い医師であれば傷跡はほとんど目立ちませんが、個人差にもよりますが強い腫れが3日~5日くらい続き、その後も約2週間は違和感が残ることがあります。

切開をしている分だけ埋没法よりは腫れが大きく、ダウンタイムも長くなりますが、全切開法ほどではありません。

希望の二重のライン上の1箇所、または複数箇所の皮膚を数ミリ~1センチほど切り、眼輪筋と一緒に切除します。必要に応じて余分な皮膚や脂肪を取り除き、その後に縫合していきます。

切開法メリット

・一重に戻る心配がない
・皮膚や脂肪が厚方にも適している
・抜糸をするので体内、体上に異物を残さない
・腫れぼったいまぶたが解消できる
・幅広いデザインに対応できる

全切開法のメリットはなんと言っても「一重に戻らない」ということです。また、埋没法には向かない、皮膚や脂肪が厚く腫れぼったい目にも適合し、パッチリ二重やはっきり、くっきりとした二重など、デザインの幅が広いこともメリットです。

埋没法を過去に受けて、納得できずにこの全切開法を選んだ、という方も実は少なくありません。「どうしても二重を手に入れたい!」という方には断然お勧めの手段です。

切開法デメリット

・メスを入れて切開していくこと
・術後の腫れが大きく、ダウンタイムが長い
・手術時間が埋没法に比べると長い
・手術費用が埋没法に比べると高い

埋没法に比べて手術が大掛かりになります。痛みは当然ですが、腫れも大きくあり、ダウンタイムが長いとされています。

埋没法のように「休日にやってしまおう!」という感じにはならず、切開法であればむしろ会社や学校を休まなければならないようになります。

まぶたを切るという作業の為、失敗はまず許されません。「安いから」という理由でクリニックを選ぶのではなく、実績や技術力のある医師に執刀してもらいましょう。

切開法まとめ

埋没法に比べると費用が高く、更には痛みや腫れなどの問題もありますが、最大の目的である「二重にする」という理由では、遥かに切開法が優れていると言えます。

埋没法が、時間が経てば一重に逆戻りすることを考えれば、明らかに切開法の方が優位ですし、この時代になってきて整形の後ろめたさが無くなってきているのも後押しの材料です。

費用が高い分、躊躇しがちだと思いますが、確実に二重にしたいのであれば、まず切開法をお勧めしたいですね。

10代や学生の方は、金銭的に埋没法支持者が多いと思います。アイプチやテープで二重になるというのは、何人に一人かのあくまで偶然的なものですので、それを信じるのは誤った考え方です。

資金的に余裕のある方はまず切開法を優先的に考えて、あとは失敗しないクリニック選びを慎重に行ってください。

二重整形体験者まとめ

二重整形体験者まとめ

ここでは埋没法、切開法、を経験したことのある方からの体験談を紹介していきます。今後、二重整形をお考えの方は、他の人がどういった感想を残しているか確認してみてください。

【千葉県 学生 21歳 女性】
某大手クリニックへ行って埋没法を行いました。基本的に資金は全て自分でバイトをして貯めたお金です。安いものではないので、真剣に考えてクリニック選びをしました。実は…本音を言うと、切開法を考えていましたが、埋没法の倍以上掛かってしまう為、切開法妥協したというか断念したのです。
「二重にしたい!」と考えてから随分と時間が経過したので、我慢できませんでした。切開法の資金を貯めようと考えていましたが、埋没法の資金に到達して「なんでもいいから二重にしたい!」という気持ちが強くなったのです。
埋没法でも10万円近いお金を出している訳ですから、もちろんそれなりの結果を求めていました。アイプチで毎朝加工するのが本当に面倒くさいので、埋没法で二重になったら、意地でもまぶたに二重を覚えさせる!とも考えていました。
20歳そこそこで二重にしようなんて背伸びし過ぎているとよく言われますが、それは一重の腫れぼったい人にしか気持ちはわかりません。親にもよく言われますが、もっと言うとそれを二重の人に言われたくないです。
そして結果を先に言いますが、私の中では大成功で非常に納得した出来栄えです。誰も周りにいないのに、自然とニタニタ顔になっていてなんだか気持ち悪いです(笑)そのくらい自分の目を気に入っているということですね。
この二重関連話に限ると、おそらく同世代の中で私は一番の情報を持っていると断言します。最近では一重の友達に「埋没法やってみなよ!」と勧めるほど自信を持っています。
色々調べ尽くして、クリニック全体の患者への対応態度や、先生の実績や技術レベルなど、完全に網羅しました。私も自分の考えていることは全て伝えて、そこのクリニックでは嫌な顔ひとつせずに相談に乗ってくれました。
クリニック選びで人生が変わると言っても過言ではありません。「自宅から近いから」とか「一番安いから」という考えでは、絶対に失敗すると思いますし、お金をドブに捨てるようなものだと思います。
これからの私の課題ですが、いかにして偽二重を完全な二重にするか、ということです。私には出来ると思っていますし、完全二重に向けてたくさん情報を集めているところです。

【広島県 OL 29歳 女性】

私は切開法で二重を獲得しました。アラサーですが、男っ気が全く無く、これからの人生を考えると不安になってしまったから、というのが手術のきっかけです。
やっぱり男というのは一重より二重の方を好みます。男女の関係は、性格や価値観が重要と言いますが、やはり第一印象は「見た目」です。これは30年近く生きてきた私の答えですね(笑)
顔が良くなければ、男性と話をする機会だって生まれませんし「私ってブスだな…」と自分で考えていては、いつまでもふさぎ込んでしまうだけで自己アピールもできません。
もちろん男性遍歴は派手ではなく地味だった私の人生でしたが、驚くことに二重になって半年経ちますが、既に二人から告白を受けました。自分に自信が無かった私が、男性を選べる立場へとなったのです。一重が二重に変わるだけで、これだけ生活が変わるなんて思った以上の効果でした。
手術をしたクリニックは、広島市で一番規模の大きなところ選びました。クリニック選びの時に、色々なサイトの多くの口コミを確認しましたが、そのクリニックは賛否両論ありました。
大きなクリニックは大勢の人が行きますし、中には納得行かない人がいても当然のことですので、そういう細かいところは割り切って考えられました。
カウンセリングの時点で先生から「あなたのまぶたはとても施術しやすいと思います」と言われましたので、その場でお願いしました。サイトだけでクリニックを選ぶのではなく、実際に手術してくれる先生と会話することも大切なことだと思います。
一番驚いたのは、社内での私の整形の噂でした。一重が二重に変わるだけで、みんな大騒ぎしていました。私は恥ずかしいことではないと思っていましたし、社内の同僚男性をどうこうしよう、とは考えていませんでしたので、何を言われようが全然平気でした。
ちなみにそれは二重整形をしてわずか1ヶ月までの話で、半年経った今では、誰も何も言わなくなり、普通の日常に戻っています。これから二重整形をやろうと考えている人は、そういう不安は捨てても大丈夫ですよ。
二重整形でこれだけの変化が生まれましたので、少しハマりそうになっています(笑)豊胸とかは考えていませんが、次回はホクロを取ったり、ムダ毛の処理をしようかな、と考えています。