二重整形には保険が適用されるのか?

美容整形と聞くと“保険が効かない”と思われがちですが、中には保険を適用できる人もいます。

ほとんどの美容外科は“自由診療”であり、二重整形を始めとしたバストアップやシワ・たるみの除去などの施術には保険が適用されません。
何故なら、自分の理想とする外見にするための個人的な施術は怪我や病気の治療とは無関係であるからです。

保険が適用される場合の重要なポイントは“治療が必要な病気や怪我になっている事”と“保険診療だと国に認められた治療法である事”です。

二重整形の施術では“逆さまつげ”が保険適用になる事もあります。
“逆さまつげ”での保険を適用した時の治療費は3割負担の場合で片目が約6千円。両目で約1万千円となります。(※埋没法)

逆まつげによる負担の少ない人や、各種医療証を所持している小中学生は無料になる場合もあります。

逆さまつげには“眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)”と“睫毛乱生(しょうもうらんせい)”という2つのタイプがあります。

この2つのタイプのどちらも手術対象となる訳ではなく、“眼瞼内反症”は手術対象なのに対して“睫毛乱生”は対象外になる事があります。

ではなぜ、“眼瞼内反症”は手術対象なのに対して“睫毛乱生”は対象外になる事があるかと言いますと、“眼瞼内反症”は目のまぶたが内側に向いてしまい、まつ毛が眼球に当たってしまう為に目が充血する原因になったり、目の角膜に傷を付けてしまう事態を引き起こしてしまう疾患だからです。

一方、“睫毛乱生”は、まつ毛の生える向きが不規則で、その中で内向きに生えているまつ毛が眼球や角膜にあたり障害を引き起こすものです。この場合は、内向きに生えているまつ毛のみ抜いたり、毛根を電気療法などで焼いたりすれば治る疾患の為、内向きに生えているまつ毛の度合いにより、手術の対象になったりならなかったりするという訳です。

いずれにしろ、逆さまつげの症状がひどい場合にはまぶたの皮膚を切開して手術します。切開法、埋没法のどちらの場合でも保険が適用されない事もあるので、事前にクリニックに問い合わせるか実際に行って話を聞く事が必要だと言えるでしょう。

“逆さまつげ”の他にも二重整形をする際“眼瞼下垂”である人の場合、保険を用いて二重形成手術を受ける事ができます。

眼瞼下垂とは眼瞼挙筋の形成不全で起こる、まぶたが上がりにくく眼が十分に開きにくい状態の事です。

まぶたを上げる為に働く眼瞼挙筋という筋肉や、その筋肉を動かす動眼神経という神経などの異常により眼瞼下垂が引き起こされます。

それ以外の理由で眼が開きにくい状態の事を偽眼瞼下垂といいます。
偽眼瞼下垂はまぶたの皮膚の弛緩やたるみ、病的な眼球の縮小や萎縮、眼球癆などの理由で引き起こされます。

眼瞼下垂は、先天性のものが最も多い病ですが、後天性の場合様々な原因で発症します。
まぶたを開閉する筋肉が生まれつき弱い人や、筋肉の力がまぶたに上手く伝わらなくなると眼瞼下垂になりやすくなります。

急性に発症した場合は、脳動脈瘤が原因のこともあり、早期の脳外科での手術が必要となる場合もあります。
眼瞼下垂を放っておくとうつ病になるリスクも高くなります。

鏡をみた時、瞳孔が隠れてしまっていたり、まぶたの重さや眼の開けづらさを感じている人は眼瞼下垂である可能性があります。

医師によって眼瞼下垂であると診断されると“眼瞼下垂手術”として保険を適用し、全切開法に似た手術内容の手術してくれる美容外科があります。

“日常生活に支障をきたしている”“医療行為が必要な眼瞼下垂である”

医師が患者に対し、これらの条件をを満たしていると判断した場合に健康保険を利用して手術を受ける事が可能となります。

“眼瞼下垂”での保険を適用した時の治療費は3割負担の場合で、両目約5万円になります。

ただし、眼瞼下垂だと判断する基準は医師により異なるので、クリニックによっては保険診療にならない場合もあります。

残念な事に保険の適用された施術をする際、自由診療の時と比べ患者の意見を取り入れてくれない医師もいるので、複数の美容外科を回って判断してもらい、自分の信頼できる医師を見つける事が大切でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です