二重整形を失敗しないために

二重まぶたは一重まぶたや奥二重まぶたに比べて

・目が大きく見える
・化粧映する
・顔の輪郭がハッキリする
・パッとする

などの様々な効果があります。

二重まぶたを手に入れる為に近年では“アイプチ”が大流行しています。
のりタイプの物やシールタイプの物などさまざまな形で手に入れやすい低価格で販売されているアイプチですが、

・目を閉じた時にバレてしまう
・シールが目頭や目尻から飛び出してしまう
・のりにアイシャドーが付き汚く見える
・目をつぶったときにまぶたが閉じきらず眼球が乾く

などのデメリットがあります。

プチ整形としてよく耳にするようになった“二重整形”はそんな“アイプチを使用中の人”の悩みも、“アイプチを使った事のない一重まぶた、奥二重まぶたの人”の悩みを解決し、望みを叶えて毎日を輝かしい日々にしてくれます。

自分のなりたい瞳になる為に、そしてトラブルが無いように、後悔しないように実際に施術を受ける前に二重整形について知り、望みどおりの素敵な瞳を手に入れましょう。

整形方法の種類

整形方法の種類

二重まぶたの整形には大きく分けて2つの方法があります。

1つ目の整形方法は、埋没法といいます。
埋没法とは、まぶたに小さい穴を開けて数本の糸を埋め込み二重の癖をつける整形方法です。

埋没法は平均8万円と比較的安く、手軽に施術する事ができるので近年では一番身近な整形方法となっています。

また、まぶたを切開する事なく針と糸で二重を作る為、傷が目立ちにくく、術後のまぶたの腫れが少なく済むというメリットがあります。

一方で、まぶたの脂肪が多く厚みがある人の場合、一度埋没法で二重整形をしても元に戻ってしまうかもしれないというデメリットがあります。

以上の事から、

・指や細いピンなどを使ってまぶたを少し押さえた際に数秒二重を維持できる人
・アイプチなどで二重を作った際に1日綺麗に二重が維持できる人
・治療費を出来る限り安く抑えたい人

などに適した二重整形方法だと言えます。

2つ目の整形方法は、切開法といいます。
切開法とは、まぶたを切開して余分な皮膚を取り除いて二重ラインを作り出す整形方法です。

切開法には、作りたい二重のラインの全てに傷を作る“全切開法”と、部分的に小さな傷を作る“部分切開法”の2種類が存在します。

どちらも埋没法に比べ平均26万円と高くなり、術後のまぶたの腫れが落ち着くまでの回復期間(ダウンタイム)が長く必要になるというデメリットがあります。

一方で、切開法の施術により二重が維持される可能性は埋没法に比べて格段に高くなります。

また、全切開法は埋没法や部分切開法に比べできる事の幅が広がります。

例えば、二重まぶたを作る以外にも腫れぼったいまぶたの原因の一部分を解消する事ができたり、目の開きを良くする事ができたり、皮膚のたるみを解消する事がなどができます。

切り開く場所によって二重のデザインを変える事ができるので、より自分のしたい理想の瞳に仕上げる事ができるというメリットがあります。

以上の事から、

・まぶたに脂肪が多く、厚みがある人
・しっかりとした二重まぶたを実現させたい人
・より確実に自分の望む瞳を手に入れたい人

などに適した二重整形方法だと言えます。

“自分のまぶたは埋没法で十分なのか”“切開する幅が広い方が自分のまぶたに適しているのか”

それから、後ほど紹介しますが、

“眼瞼下垂であるかどうか”“逆さまつげであるかどうか”

これからの整形手術で綺麗な理想の二重を手に入れる事ができるかどうかは、これらの事柄をきちんと考え、自分のまぶたのタイプを見極める事が非常に重要です。

また、施術を受けると決める前に“リスク”や“施術をする事による効果”を医師にきちんと説明してもらう事、医療機関に足を運ぶ前に施術やクリニックの情報などをよく確認する事、ホームページや広告などの情報に不適切な文言などが無いか確認する事などもとても重要です。

クリニックに出向いたその日にそのまま手術をしてくれるところもあります。
ですが、まぶたの状態、取り巻く環境を考慮し、手術方法をカウンセリングしてくれるクリニックもありますのであなたが信頼のおける病院を見つける事が大切です。

埋没法を何度も経験し、どれも1年程で一重に戻ってしまい、最終的に全切開手術によってずっと二重を維持できているという経験を持った人もいます。

何度も一重に戻ってしまう不安、手術を繰り返す事の恐怖といつも葛藤し、とても辛かったそうです。
しかし、今は永久の二重を手に入れる事ができてよかったと語っていました。

1度きりの人生です。
満足のいく理想の自分になって幸せな人生を満喫しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です