二重整形がバレてしまった!バレる理由とバレないための言い訳

二重整形をしたい方にとっては、「周りにバレないかどうか」が一番不安なのではないでしょうか。
やはり二重整形をしたことは、なるべくなら周りにバレたくないというのが本音なはず。
「ああ、一重で悩んでたのね」などと思われるのも、なんだか悔しいですよね。

二重整形がバレてしまう理由とはどんなものがあるのでしょうか。

二重整形がバレてしまう理由

二重整形がバレてしまう理由

いきなり広すぎる幅の二重にしてバレる

腫れぼったい一重まぶただったのが、急にぱっちりした幅の広い二重になっていたら・・・やっぱり、周りの人にはバレバレですよね。
そのようなまぶたにどうしてもなりたいと思っている方ならば、ぱっちりの二重にするのは大いに良いことだと思います。

しかし、とにかく周りの誰にもバレたくないんだと強く思っている方には、ご自分のイメージに合った自然な二重にすることをおすすめします。

糸の結び目が出っ張っていてバレる

埋没法は、皮膚の下に糸を埋め込んで施術を行います。このとき結び目を表面にすると、結び目の部分がポコッとまぶたに出っ張ってしまい、埋没法で二重整形をしたことが周りにばれてしまう危険があります。

とくに埋没法について興味があって詳しく知っているような方には、すぐにバレてしまう可能性が高いでしょう。
まぶたの裏側で糸を結ぶ施術方法で行うことにより、結び目で二重整形がバレてしまう事を防げるでしょう。

腫れ、内出血などによってバレる

埋没法であっても切開法であっても、術後には腫れ、内出血などが起こります。これにより、二重整形したということがバレてしまうケースも多いようです。
切開法の場合は腫れを避けるのは難しそうですが、埋没法で二重整形を行う場合には、なるべく腫れない方法を選ぶことにより、腫れを抑えることはできるでしょう。

そのためには腫れにくく、かつ持ちが良い施術方法を選ぶことが重要です。
糸の柔らかさ、結ぶ時の強さなども重要になってくるようですよ。
事前にしっかりと下調べしてから、埋没法による二重整形を受けましょう。

また、血流が良くなることで腫れが増すこともあります。なるべく安静にすることを心掛け、湯船への入浴やアルコールの摂取などは控えるようにしましょう。

手術が決まったら、それより前からアイメイクをチェンジしてみても良いでしょう。
例えば、手術の前にはわざと腫れぼったく見えるようなピンク系の濃い目のアイシャドウを使用しておくというのも良いのではないでしょうか。

普段から腫れぼったいメイクにしておけば、実際に手術によって腫れが起こっても、あまり周りから気づかれないかもしれません。

切開法の場合、傷跡でバレる

切開法の傷跡は、個人差があるものの数か月~数年で目立たなくなっていきます。
手術してすぐのころには、やはり傷跡は目立ちやすいと言えます。
メイクOKになったら、メイクで上手に隠していくのが良いでしょう。

長期の休暇など、しばらく人と会わなくて済む時期に二重整形を行うのも良いかもしれませんね。

比較的バレにくい埋没法で二重整形を行った場合でも、バレるリスクはあるようですね。
どうしてもバレたくないという方は、手術前から色々と対策を考えておいたほうが良いでしょう。

では、バレないためにはどんな方法があるでしょうか。

バレない方法

バレない方法

サングラスなどで隠す

最もオーソドックスな方法と言っていいでしょう。
しかし、いつでもどこでも、夜でもサングラスをしておくというわけにもいきませんよね。サングラスができない時にはフレームが太めのメガネをかけるなどすると、目元が目立ちにくくなります。

メイクで隠す

埋没法の場合、数日後(早くて翌日くらい)にはメイクが可能となるようです。
切開法でも、抜糸が済めばメイクが可能になります。
濃い目のアイメイクをすることによって、腫れをごまかしましょう。

いきなり濃いアイメイクにしたら周りから不審に思われるかもしれないので、手術より前から濃い目のアイメイクにしておくと不自然になりません。

髪型で隠す

あらかじめ手術前から、前髪を長めにしておくと良いでしょう。
前髪が目にかかるかかからないかくらいの長さにしておくと、まぶたの部分を多少隠すことができるはずです。

それでも、バレてしまう時はバレてしまうかもしれません!
普通は「目を整形したの?」とストレートに聞いてくる方はあまりいないかもしれませんが、一応バレてしまったときの「言い訳」も考えておいたほうが良いでしょう。

バレた時の言い訳

バレた時の言い訳

「逆さまつ毛で・・・」と言い訳する

二重にしたことが完全にバレてしまった場合、「逆さまつ毛を改善するために二重にしたんだ」と言い訳するのも良い方法ではないでしょうか。

アイプチをしていると言い訳する

オーソドックスではありますが、やはりアイプチやアイテープで二重にしていると言ってごまかすのも良いでしょう。
手術前からたまにアイプチで二重にしておくのも効果がありそうですね。

いかがでしたでしょうか。
やはりどうしても二重整形が周りにバレるのが嫌だという場合は、バレにくい施術方法を選び、なるべく腫れないように気を付けて生活しましょう。

事前に前髪を伸ばしたり、アイメイクを濃くしておいて腫れぼったさを装っておいたり、たまにアイプチをしたり・・・しておくと、実際に手術をした後にごまかしやすくなりそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です